第14回 人間と演劇研究所からだとことばのレッスンWS

 「いきをひらく」――からだとことばのレッスン @新宿
  
 からだ (感受性) をひらく、声をひらく、ことばをひらく、コミュニケーションをひらく、心をひらく、等々。演劇の舞台ではこれらすべてが求められます。
 
 現代人の置かれている状況は、この反対を考えると見えてきます。からだを固め、声を潜め、言葉を呑込み、コミュニケーションの狭さと、本音 (心) の隠ぺい。
  
 「いき」とは息であり、活き、生き、意気であり、行き、でもあります。ストレス時代の中で私たちは、浅く忙しない「いき」を強いられています。
  
 「いきをひらく」とは、私たち誰もが持ち合わせている生命力をフル活用し、自らを癒し表現し生活や仕事を楽しみ、一人一人のほんらいの明るさをとりもどし、自己への信頼を深めていく試みです。

 【1】からだとことばのレッスンでは、身体の力を抜くことを第一に学びます。

 「いき」が浅くなっている原因は、普段の生活のなかで無自覚に身につけた緊張です。それが、心身を無意識のうちにがんじがらめにし、本来の生命力の働きを妨げ、様々な不快感やストレス症状、心身の不調和を起こします。他者とのコミュニケーションに不自由や苦痛を感じる原因もそこにあります。
 
 野口体操によって身体の力をぬき、力が抜けた状態を実感し、それを育てていく練習をします。身体の力が抜けると自然と「いき」が深くなり、心と身体がやすらぎます。同時に身体の回復力が増し、元気(生命力)が活発に働きだします。
  
 【2】第二には「いき」をどう活用していくか、その課題に取り組みます。

 普段の私たちは、浅く忙しない「いき」に合わせて、矮小化した身体の使い方をしています。
 
 出来るだけ体力を使わずに過ごそうとしたり、腹から声を出すような機会もなく、ましてや全身を投じて人と関わることなど全くない状況でしょう。意識のみが尊重され、汗を流したり、自然や他者と全身でふれあうことの価値も二の次とされてしまっています。

 一人一人が自分の持つ力を発揮するには、そのための身体の使い方をあらためて学び、自らのからだを育て直さなければなりません。
 
 からだとことばのレッスンでは、重心を安定させ力強く「立つ」練習・気持ちよく「歩く」練習・お腹から「声」を出す練習・相手の「重さ」を引き受ける練習・相手に「話し」かける練習・物語を「語る」練習・・・等々、様々な課題を設けて、身体の使い方を見直します。

 「いきをひらく」ことは、心をひらき目の前の現実の中に生きる喜びを作り出していくための、自分を育てていくレッスンです。
 
 私自身は、長く演劇(演出・演技指導・身体訓練)に関わってきたものですが、現代社会における、生命自然としての人間性の破壊には、目をふさぐことが許されない状況です。

 私のからだとことばに関する知見経験が、皆さまの人間力を回復し人生をより良く生きるためのお役に立てればと思っています。

 なお「からだとことばのレッスン」と「野口体操」について関心をお持ちの方は、私の師匠たちの著作になりますが、竹内敏晴著「ことばが劈(ひら)かれるとき」ちくま文庫、野口三千三著「原初生命体としての人間 ― 野口体操の理論」岩波現代文庫などを、ご参照ください。
  
■日時 8月31日(金) 15時30分~18時30分

■場所 新宿区若松地域センター4階和室「はなみずき」(利用団体名:ひとつ会)

■対象者 「からだとことばのレッスン」ならびに「野口体操」に興味をお持ちの方なら、どなたでも参加できます。
これまでの開催の模様は、人間と演劇研究所ブログで報告しています。
http://karadazerohonpo.blog11.fc2.com/
ご参照のうえ、どうぞご参加ください。

■定員 15名

■参加費 3,000円

■申込み・問合せ
Facebookイベントページ、または、研究所HPの問合フォームより。
メール karadazerohonpo@gmail.com でも受け付けています。

■連絡先 携帯電話 090-9019-7547(瀬戸嶋)

■当日は、からだを締め付けない、柔らかな生地の服装をご用意ください。

■次回第15回の開催は、9/14(土)新宿区若松地域センター15:30~18:30です。

○人間と演劇研究所では、様々な街や地域に伺って「からだとことばのレッスンWS」を開催させて頂きたいと思っています。興味をお持ちのかたはご連絡下さい。
○WSの会場を探しています。フローリングまたは畳敷きで、12畳以上のスペースがあれば開催可能です。お心当たりがありましたら、ご紹介下さい。
○人間と演劇研究所
 HP:http://ningen-engeki.jimdo.com/
 blog:http://karadazerohonpo.blog11.fc2.com/

イベント案内をご覧いただき、ありがとうございます。皆さまのご参加をお待ちしています。宜しくお願いします。

 人間と演劇研究所 瀬戸嶋 充(ゆるゆる先生)

リンク

人間と演劇研究所ブログ(WSの報告はこちらです)

人間と演劇研究所Facebookページ

瀬戸嶋充のFacebook(こちらでも情報を発信しています。情報希望のFBメッセージを頂ければ、友達承認をさせて頂きます)

協力

STUDIO oto

(プロフィール写真を撮影していただきました。撮影から画像処理まで写真の職人さんです。)

推敲舎

(推敲の達人が運営する編集・出版社です。ワークショップ運営等お世話になっています。)