1/30-@若松「からだとことばのレッスン」定例会-171

 この頃は、季節の廻りや月日のめぐりが、とても大切に思えています。
 寒さにこもる冬。じっと静かにすごすことで、からだの中に次なる一年の実りへと準備が整えられていく。
 春から夏秋と季節を追い、私のいのちが実りへ向かって変容を遂げていく。
 変容はリニアには伸びていかない。月日のめぐりは季節の変化に応じて、スパイラルを描く。キツイ昇りもなだらかなときも、押しつぶされるような困難なときもある。
 それでも実りに向かう私のからだは、千変万化の道を乗り越えて行く。様々な道を行くことでいのちの経験は豊かになる。
 実りを終えて、枯れ落ちて、また冬ごもりを迎える。ふり返れば、良くやったと自分のからだを褒めてやりたくなる。静かに眠り、また真っ新な年を迎える。
 1月最後のレッスンです。そろそろ冬眠から目覚めて良い頃合いかも知れませんね(笑)(せとじま・ばん)

定例会では「野口体操」(野口三千三氏創始)と「からだとことばのレッスン」(竹内敏晴氏創始)をベースにしたWSを行っています。
毎回、参加される方の思いや要望を伺いながら、皆さんの「からだ」と「ことば」の情況に応じてワークを進めています。
「からだ」や「ことば」との新たな出会いを求める方、どうぞいらして下さい。
レッスン模様は人間と演劇研究所ブログで発信しています。
http://karadazerohonpo.blog11.fc2.com/

■日時 2017年1月30日(月)18:30~21:30
■会場 新宿区若松地域センター4階和室「はなみずき」(団体名:ひとつ会)新宿区若松町12-6(大江戸線若松河田駅より3分)
■会費 5,000円
■申込み メールまたは電話にて、参加日とお名前をご連絡ください。
■連絡先 メール karadazerohonpo@gmail.com (瀬戸嶋宛) 電話 090-9019-7547
■その他 当日はからだを締め付けない動きやすい服装を用意してください。(Gパン・スカートは不向きです)

リンク

人間と演劇研究所ブログ(WSの報告はこちらです)

人間と演劇研究所Facebookページ

瀬戸嶋充のFacebook(こちらでも情報を発信しています。情報希望のFBメッセージを頂ければ、友達承認をさせて頂きます)

協力

STUDIO oto

(プロフィール写真を撮影していただきました。撮影から画像処理まで写真の職人さんです。)

推敲舎

(推敲の達人が運営する編集・出版社です。ワークショップ運営等お世話になっています。)