@大阪應典院『流れあうからだ~ 響きあうことばへ』-2

人間と演劇研究所「からだとことばのレッスン」OpenWorkshop2/25
  流れ合う「からだ」~ 響き合う「ことば」へ 』

@大阪應典院

【関西行二周年・天王寺「應典院」WS】

 私の大阪行きが月一回。日程の都合で毎月開催とはいきませんが、今年は、應典院さんでのレッスンの機会を増やして行きたいと思っています。

 昨年11月は、野口体操でからだとこころの強張りを開放し、その後、宮沢賢治童話「狼森と笊森、盗森」をテキストに、からだとことばのレッスンを行いました。

 日常的なあいまいさを超えて、ことばが他者のからだに届き、物語に描かれたイメージ世界をその場に立ちあがらせる。そんなワークショップになりました。

 今回は時間枠を4時間に拡大。じっくりゆったりと、からだとことばの奥行きをひらいていきたいと思います。

 應典院さんはお寺の本堂を、演劇上演や様々なワークショップに開放しています。人びとが集う場としてのお寺本来の役割を大切にしているからです。生と死が地続きのとても優しい空間です。会場で皆さんとお目にかかれるのを楽しみにしています。

 定例会もふだん通り、前日3/24(金)の夜18:30浪波区民センター、26(日)京都WSは午後13時からの開催です。詳しくは、人間と演劇研究所HP https://ningen-engeki.jimdo.com/ をご覧ください。

 そうそう、この2月で私の関西行きが1周年を迎えます。あてどなく脚を運び開始した関西WSですが、参加者の皆さんのお陰で様々なつながりが広がり、2年目を迎えることができました。あらためて、ありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願いします。(Facebookページより転載)

 瀬戸嶋 充・ばん

◆場所 

應典院(1階研修室B)

大阪府大阪市天王寺区下寺町

1丁目1-27

http://www.outenin.com/

◆日時 

2017年2月25日(土)

13時00分~17時00分

◆会費 4,000円

◆定員 20名

◆参加申込み・問合せ 

メール

karadazerohonpo@gmail.com

または 電話 090-9019-7547 にて、瀬戸嶋までご連絡ください。
◆詳細は下記よりパンフレットをダウンロードしてご覧ください。

應典院パンフcompressed.pdf
PDFファイル 205.0 KB

【ご挨拶】 昨年2月より開始しました大阪「からだとことばのレッスン」定例会。区民センター を会場に利用してのスタートでした。東京から月一回大阪に足を運びながら、地域と のつながりを深めたいと思い、ふさわしい会場を探していました。 念願がかない、大阪天王寺区に在ります應典院さんで本年11月よりレッスンをさせ ていただくことになりました。不定期ではありますが、私の大阪行きと研修室の利用 状況を計りながら、應典院さんでのワークショップを継続していくことで了解を頂き ました。 應典院さんは「ひとが集まる。いのち弾ける。呼吸するお寺。」という言葉を掲げてい らっしゃいます。スタッフの方々に境内を案内して頂き、その場を満たす優しく柔ら かく明るい雰囲気に私は感動しました。 私どもの「からだとことばのレッスン」では「人と人とが自らをひらき、一つの息を ともに生き、喜びを共にする。」ことを大切にしています。 「ご縁をいただき」の言葉の通りだと思いました。このたびの出会い、應典院の皆さま とそこに集われる方々とのご縁を大切に歩ませていただきたいと思っています。 どうぞよろしくお願いします。

2016年12月28日            人間と演劇研究所代表 瀬戸嶋 充

リンク

人間と演劇研究所ブログ(WSの報告はこちらです)

人間と演劇研究所Facebookページ

瀬戸嶋充のFacebook(こちらでも情報を発信しています。情報希望のFBメッセージを頂ければ、友達承認をさせて頂きます)

協力

STUDIO oto

(プロフィール写真を撮影していただきました。撮影から画像処理まで写真の職人さんです。)

推敲舎

(推敲の達人が運営する編集・出版社です。ワークショップ運営等お世話になっています。)