2/4@角筈「からだとことばのレッスン」定例会-172

厚ぼったくなった自意識の覆いを一枚一枚脱ぎ捨て「からだ」に風を通しましょう。冬は思いにこもる時季ですね。近所では、梅、大イヌノフグリ、菫、、、と春の花々がほころび始めています。2月初めのレッスン、もう少し寒さは続くでしょうが、ボチボチからだが目覚める方向に、歩み出しても好いころです。1月の定例会では、声を劈くレッスンをしました。からだの強張りを解きほぐし、息の通り道を調え、息にのせて声を届けるレッスンです。一人一人の声が劈かれるとき、レッスンの場が明るい空気に満たされます。2月にはその明るさの中に彩りを浮かび上がらせていきたいと思います。今月も宜しくお願いします。(せとじま・ばん)

定例会では「野口体操」(野口三千三氏創始)と「からだとことばのレッスン」(竹内敏晴氏創始)をベースにしたWSを行っています。
 毎回、参加される方の思いや要望を伺いながら、皆さんの「からだ」と「ことば」の情況に応じてワークを進めています。
 「からだ」や「ことば」との新たな出会いを求める方、どうぞいらして下さい。
レッスン模様は人間と演劇研究所ブログで発信しています。
http://karadazerohonpo.blog11.fc2.com/

■日時 2017年2月4日(土)15:30~19:00
■会場 新宿区角筈地域センター7階「和室1」(団体名:ひとつ会) 新宿区西新宿4丁目33−7
■会費 5,000円
■申込み メールまたは電話にて、参加日とお名前をご連絡ください。
■連絡先 メール karadazerohonpo@gmail.com (瀬戸嶋宛)
電話 090-9019-7547
■その他 当日はからだを締め付けない動きやすい服装を用意してください。(Gパン・スカートは不向きです)

リンク

人間と演劇研究所ブログ(WSの報告はこちらです)

人間と演劇研究所Facebookページ

瀬戸嶋充のFacebook(こちらでも情報を発信しています。情報希望のFBメッセージを頂ければ、友達承認をさせて頂きます)

下記は関西ワークショップ関連のツイートです。

協力

STUDIO oto

(プロフィール写真を撮影していただきました。撮影から画像処理まで写真の職人さんです。)

推敲舎

(推敲の達人が運営する編集・出版社です。ワークショップ運営等お世話になっています。)