瀬戸嶋 充・ばん(人間と演劇研究所代表)より


ご挨拶


間と演劇研究所ホームページを新調しました。
スッキリできたと自画自賛しています(笑)
 
人間と演劇研究所は今春で30周年。
私自身は、竹内演劇研究所時代の7年間を合わせれば、37年間の歳月をからだとことばのレッスン一筋で過ごしてきたことになります。
 
20代青年の頃、竹内敏晴の『からだとことばのレッスン』ならびに野口三千三の『野口体操』と林竹二の『授業』に出会い、以来それを咀嚼し私自身の血肉とするのに、現在までの時間が必要でした。
 
人間と演劇研究所の30年、私は遮二無二「からだ」と「ことば」の不思議を探り続けてきました。暮らしや世間とのお付き合いを無視して、レッスンの真価を問い続けてきました。その成果がようやく、ホームページの形になったように思います。
 
旅装が整い船出の時です。人間と演劇研究所は『からだとことばといのちのレッスン』の旗印を掲げての新たな旅立ちとなることでしょう。『からだ』『ことば』『こえ』という始原の海への航海です。
 
時代のうねりの中に航路をひらくことは、並大抵のことではないと思いますが、馬鹿正直に進んでいけば道は開けてくることでしょう。
 
どうぞこれからも宜しくお願いします。
 
2018年1月4日
 
人間と演劇研究所代表
 
瀬戸嶋 充・ばん