研究所の概要

沿革

1988年 「竹内演劇研究所」の閉所にともない、演出家竹内敏晴氏の実践を引き継ぎ、当時のスタッフが「人間と演劇研究所」を創設。

新宿区西新宿のスタジオ兼芝居小屋、TJPstudio(ライヒ館モレノ)にて活動。 

「演劇教室」と「からだとことばの教室」「野口体操教室」を併設し、演劇上演活動のみならず、広く一般の人たちのカラダとコトバの表現活動をサポートする。

演劇人のほか、学生、教育関係者、医療・介護・福祉従事者、会社員、主婦などなど、様々な人々が研究所の活動に参加。

スタジオでの活動の他に、外部からの依頼をうけて様々な場所でWSを開催。

2006年 西新宿TJPstudio を離れて新たに活動を開始、現在にいたる。

上演記録

・ブンナよ木から降りてこい(水上勉)

・十一匹の猫(井上ひさし)

・鹿踊りのはじまり(宮沢賢治)

・出会いのトランポリン(ミーガン・テリー)

・こわあらむ(草野心平)

・はだしの青春(宮本研)

・セロ弾きのゴーシュ(宮沢賢治)

・モモ(ミヒャエル・エンデ)

・青春ポランの広場(宮沢賢治)

・どんぐりと山猫(宮沢賢治)

・注文の多い料理店(宮沢賢治)

・ワルのぽけっと(灰谷健次郎)

・英雄たち(秋浜悟史)

・あらし(シェークスピア)

・私の青空(北村想)

・想稿・銀河鉄道の夜(北村想)

・十一人の少年(北村想)

・かしわばやしの夜(宮沢賢治)

・血と青空(北村想)

・十二夜(シェークスピア)

対外活動(WS)

・川崎市リハビリテーション総合医療センター統合失調症デイケアプログラム(演劇)
・東京都立松沢病院精神科デイケアセンター(野口体操)
・朝日カルチャーセンター新宿(演劇・ボイストレーニング)
・東海大学付望星高校(演劇)
・国立メディア教育開発センターNIME (教育コミュニケーション力の基礎WS)
・日本女子大学(グループワーク論)
・宇都宮大学(からだとことばのレッスン)
・徳島大学国際交流センター(町おこし・国際交流・からことレッスン・演劇)
・日本レクリエーション協会(からことレッスン)
・熊谷市演劇ワークショップ
・深谷市子供演劇ワークショップ
・劇団シナトラ(子供WS)
・日本ケアリングクラウン研究所(野口体操・養成講座)
・ラフターヨガ・笑いヨガ(養成講座)
・麻生市民館はんの木の会
・金沢21世紀美術館クルーズクルー研修(からだとことばのレッスン)

・生活とリハビリ研究所オムツ外し学会(野口体操)

・日本保健医療大学(身体コミュニケーション)

・通所介護施設認知症デイサービス大泉学園はなみずき (ゆるゆる体操)

その他に、病院(からだほぐし)、中学校体育(スポーツトレーニング)、敬老会(からだほぐしと歌)、老人介護施設、看護協会、保健所、幼稚園、専門学校 、等など多数。


リンク

人間と演劇研究所ブログ(WSの報告はこちらです)

人間と演劇研究所Facebookページ

瀬戸嶋充のFacebook(こちらでも情報を発信しています。情報希望のFBメッセージを頂ければ、友達承認をさせて頂きます)

協力

STUDIO oto

(プロフィール写真を撮影していただきました。撮影から画像処理まで写真の職人さんです。)

推敲舎

(推敲の達人が運営する編集・出版社です。ワークショップ運営等お世話になっています。)